ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。
 > 
ストーカー調査

ストーカー調査と探偵

「別れた恋人、離婚した旦那に付け回されている」といった方や「思いを寄せられている人に追い回されて困っている」という方は意外に少なくありません。

さらに誰だかわからない人に行動を監視されているような気がすると、漠然とした不安を持っている方も増えています。

ストーカーのおそれがある、過去にDVを受けた恋人や元旦那に付け回されていると警察に相談する方もいることでしょう。

ストーカー殺人などが現実化する中で、以前よりは親身に相談に乗ってくれ、警察官が家の周りを巡回してくれるケースも増えてきました。

ですが、地域や警察署によっても対応が異なっており、細やかなサポートができないケースも多いです。

実際には警察や役所などに相談していたにも関わらず、行き届かずに殺人事件や傷害事件へと発展し、命を落としたり、一生残るキズや後遺障害を残してしまったりする人もいるのです。

警察と探偵で異なるストーカー対策

警察というのは市民の生活を守る立場にありますが、基本的には何か起こってから動くのが基本です。

しかも、国民の税金で担われていて個別にお金を払って利用するサービスではないので、その人だけ特別に守ってくれたり動いてくれたりするのはなかなか難しいのが現実です。

本当にストーカーから身を守りたいのであれば、自分でお金を払ってサポートしてもらうしかありません。

とはいえ、一般人がSPなどを雇うのは費用面でも生活レベルでもなかなか難しいものがありますので、ハードルが低く頼りやすいのが「探偵」となります。

誰に尾けられているのかわからない時や、元恋人や元旦那がどんな行動をしているのか突き止めたい時、盗聴器や盗撮器などが仕掛けられていないかを知りたい時などに探偵を雇うことは有効な手段のひとつです。

探偵は直接、あなたを暴力から守る、いわばガードマン的な役割は担えないかもしれません。

ですが、元恋人や元旦那がどんな風にあなたをつけていたり狙っているのかを知ったり、行動パターンを知れるだけでも自分を守る術や環境を整えることができます。

セキュリティが高いマンションなどに引っ越しをする、一人暮らしを止めて実家に戻るなどして家族などと一緒に暮らす、シェルターを探してお世話になるなど、身を守りやすくなります。

また、ストーキングをしているのが誰かわからない場合に突き止めることができれば、警察への被害の報告がしやすくなったり、その相手から逃げる手段も考えやすくなったりします。

つまり、殺人や傷害事件の被害を事前に予防することがしやすくなり、探偵が実施するストーカー対策によって身を守ることが可能となるのです。

不安な盗聴器や盗撮器を撤去

ストーカーの中にはいつの間にかあなたの部屋に盗聴器や盗撮器をしかけていたり、盗聴器から入る声や盗撮器の映像などを通じてストーキングをしたりするようになるケースも少なくありません。

探偵は盗聴器や盗撮器の発見も得意としていますので、今住んでいる住宅に設置されていないかを調査したり、新たに引っ越しをする際には引っ越し先に対して調査を実施、前もって不安を解消しておくこともおすすめです。

経験に基づくアドバイス

ストーカーに追われている、窓の外から見られているなどという場合にストーカーを特定するばかりではなく、警察に頼れない時やカバーしきれない場合でも自分で身を守るための術やノウハウを、長年の経験や豊富な事例に基づく現実味のあるアドバイスを致します。

場合によっては弁護士などの専門家やシェルターなどの紹介も致しますので、安心してご相談に来られて下さい。