TOP > 調査メニュー > 債務者の銀行口座を調べることはできる? その方法とは?

債務者の銀行口座を調べることはできる? その方法とは?

調査項目

  • 個人が所有する銀行口座・残高の判明
  • 法人が所有する銀行口座・残高の判明
  • 銀行口座の残高判明
  • 銀行口座から名義人の住所の特定

「お金を貸したのに返ってこない」

「賃貸物件の家賃をずっと滞納されている」

など、お金の貸し借りトラブルは身近で起こりやすいものです。貸した金や家賃、料金などがいつまでも支払われないと、債権者(貸している側)は困ってしまいますよね。どうにかして支払ってもらうためには銀行口座の差し押さえをするという方法もありますが、これは可能なのでしょうか。

そもそも、銀行口座を差し押さえるためには、債務者(お金を借りている側)が所有する銀行名や支店名、口座種類、口座番号を知らなければいけません。これらの情報を知るためにはどのようにすればよいのでしょうか。

今回は、債務者の銀行口座を調べる方法についてご紹介していきます。

債務者の銀行口座調査をしよう

お金を返して欲しい、家賃を支払って欲しいなど、お金の返済によるトラブルが起こったとき、滞納している債務者が口を揃えて言うのが「今は本当にお金がないから」というものです。「来月の給料が入ったら必ず返す」「今は貯金がまったくないのでお金が作れ次第返済する」など、いつまでも返済を先延ばしにしようとします。

しかしこれは本当なのでしょうか。もしかすると、ある程度まとまったお金は持っているものの口では「今はお金がない」と言っているのかもしれません。この嘘に騙され続け、いつまでも貸した金や家賃が支払われないというケースもあります。

また、金銭トラブルは借金や家賃滞納の他にもさまざまなものがあります。

別れた夫が養育費を支払ってくれなくなった、夫の不倫相手から支払われるはずの慰謝料が支払われない、企業同士の取引でのサービス料が支払われないなど、いろいろなケースがあるのです。このようなトラブルの場合にも、債務者の銀行口座調査をすることで解決につながることがあります。

債務者の銀行口座調査ではどのようなことがわかるの?

銀行口座でわかることは以下の通りです。

【個人の場合】

  • 債務者が利用している銀行名
  • 支店名
  • 口座種類
  • 口座番号
  • 口座名義
  • 口座残高

【法人の場合】

  • 対象法人名
  • 法人所在地
  • 代表者氏名
  • 住所など商業登記情報

また逆に、銀行名や支店名、口座番号は知っているものの、相手の住所がわからずに困っているということもあると思います。お金を貸したときに教えてもらっていた住所がウソだった、別れた夫の住んでいる場所がわからない、配偶者の不倫相手の住所がわからないなど、不便を抱えている方もいるでしょう。

そんなときは、口座所有者の住所特定という調査を利用することで、相手の住所を特定することができます。対象者の指名や銀行名、支店名、口座種類、口座番号から相手の住所を特定するという調査です。訴訟を起こすうえで相手方の住所や氏名を特定することは非常に重要な事柄です。

債務者の銀行口座調査をするメリットとは?

債務者の銀行口座調査をすることで得られるメリットはさまざまです。

まず1つ目のメリットとして、「今は金がないから」という嘘を見抜くことができるというものがあります。いつまでも金がないことを言い訳に借金を返す気がない人に対し、「預金を調べさせてもらった」と言えば、少しずつでも返済に応じてくれるようになる可能性があるかもしれません。

また2つ目のメリットとして、銀行口座の情報を得ることで差し押さえができるというものもあります。公的機関に申し立てをすることで借金や家賃、慰謝料を支払ってもらうための差し押さえができるようになります。差し押さえの手続きのためには口座番号が必要になるので、銀行口座調査をする大きなメリットといえるでしょう。

債務者の銀行口座調査に必要なものとは?

債務者の銀行口座調査(口座番号や残高を調査)をするにあたって必要なものは、以下の通りです。

  • 対象者の指名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号

取引銀行名、支店名、口座種類、口座番号、預金残高を調べるためには、上記の情報が必須となります。情報が多ければ多いほど調査がスムーズに進むため、債務者の基本的な情報はなるべくたくさん用意しておくのがおすすめです。現住所だけでなく前の住所、携帯番号だけでなく固定電話の番号など、手元にある情報はすべてまとめておくと良いでしょう。

銀行口座はどこに依頼すればいい?

銀行口座調査をするにあたって大切なのは、債務者に気づかれないうちに調査を終わらせなければならないという点です。つまり、調査に慣れたプロに依頼をすることが重要だといえます。

銀行口座調査を実施している業者はたくさんありますが、中でもおすすめなのは実績のある興信所に依頼をするという方法です。

多くの興信所は不倫や浮気調査をメインとしており、銀行口座調査は引き受けることがあるものの調査実績が多くなくスムーズに調査が進まないということもあります。調査期間が長引けば長引くほど調査料金もかさみますし、もしかすると債務者に調査をしていることがバレてしまうかもしれません。

このようなリスクを避けるためにも、調査に慣れた興信所に依頼をすることが大切なのです。アーガスリサーチは創業40周年を誇る老舗の興信所です。これまでたくさんのお客様に愛されてきたからこそ、40年という歴史を刻むことができました。

そしてその歴史の中ではたくさんの調査を扱ってきており、銀行口座調査の実績も多数ございます。平日2日~7日間程度の調査期間をいただければ、ご希望の銀行口座調査の結果をご報告することが可能です。

銀行口座調査は1口座ごとの料金設定となっていますので、依頼料金も明確でわかりやすいのもご利用者様からご好評いただいている点です。お見積もり段階で実際の請求額に限りなく近い金額をお出しすることができますので、まずはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

銀行口座調査

お金の貸し借りトラブルはのちのち人間関係のトラブルにもつながっていきます。返済がない、滞納されているという場合は早い段階で銀行口座調査を行うことをおすすめします。