TOP > 調査メニュー > 彼氏が既婚者か独身か調べる

彼氏が既婚者か独身か調べる
彼氏が既婚者か独身か調べる

独身だと思ってお付き合いをしている彼氏が、「もしかして独身ではなく既婚者?」と不安に感じる時がある方は意外と多いようです。

特に、彼氏との出会いがSNSやマッチングアプリや婚活パーティーなど、共通の友人がいない場合は、彼氏の独身だという言葉を100%信じるしかありません。そんななかで彼氏の言動に不審な点があると、「本当に独身だと信じていても大丈夫?」「もしかして既婚者なのに独身だと嘘をつかれているのでは?」と途端に不安になります。

独身だと思って付き合っている彼氏が既婚者ではなく本当に独身かどうかを確かめるために、彼氏本人に問いただしてみても、おそらく解決しないばかりか、彼氏との関係性に亀裂が生じてしまう恐れがあります。彼氏のことを「独身だよ」という言葉を信じたいのであれば、「本当に独身なのか」、「本当は既婚者ではないか」などと既婚を疑うような質問をしつこく繰り返すことはできないでしょう。

そんな場合は、興信所へ依頼することで独身か既婚者かを簡単に解決することができます。調査費用はある程度かかってしまいますが、しっかりプロに調べてもらうことで、安心して彼氏とお付き合いを続けていくことができるでしょう。

もし既婚者なのに独身だと嘘をつかれていることは判明したならば、なるべく傷の浅いうちに既婚者の彼氏とはお別れした方が貴方のためです。

「もしかして既婚者?」と疑問を抱いているのであれば、すぐに独身か既婚者かを調べる調査を依頼することをおすすめします。

もしかして既婚者? 疑うべき彼氏の不審な言動とは

自宅を教えてくれない彼氏は、独身ではなく既婚者の可能性あり

もし貴方の彼氏が、自宅をはっきりと教えてくれない場合は、もしかして独身ではなく既婚者かも? と疑ってもよいかもしれません。自宅を教えない方には、「家がボロいから」とか「遠いから」などを理由とする方もいますが、付き合いはじめてしばらく経つのに、頑なに彼氏が家に行くのを拒否する場合は、独身ではなく既婚者かもしれません。

休みの日に会えないことが多い彼氏は、独身ではなく既婚者の可能性あり

会うのはもっぱら彼氏が仕事の日の夜で、休日のデートが極端に少ない場合も独身ではないかもしれません。なかには、休日は趣味に充てたいという独身の彼氏もいるかもしれませんが、年末年始やお盆、ゴールデンウィークなどの連休に会えないケースや、クリスマスやバレンタインなどにデートができない彼氏は、独身でなく既婚者である確率が高いかもしれません。

電話にすぐに出ないことが多い彼氏は、独身ではなく既婚者の可能性あり

彼氏に電話をすると暫くしてから折り返しはあるけど、すぐにその場で出ないことが多い場合も疑わしいでしょう。特に、夜など家でくつろいでいるはずの時間帯は、独身であればすぐに電話に出られるでしょう。電話にすぐに出ない彼氏は、独身ではなく既婚者である可能性があり、家族が近くにいて出られないというケースが多いでしょう。

定期的に泊まり出張がある彼氏は、独身ではなく既婚者の可能性あり

彼氏の自宅に行って一人暮らしであることを確認し、彼氏が休みの日にデートもしている、という場合でも、必ずしも独身とは限らず、既婚者で単身赴任中の可能性もあります。単身赴任中の場合は多くの場合、月に1回~2回家族の元に帰る手当が会社から支給されます。

したがって、彼氏に月に1回または隔週で泊まり出張がある場合、特に出張中の夜に連絡がるかない場合は、既婚者を疑ってもよいかもしれません。

メール履歴や写真を消去している彼氏は、独身ではなく既婚者の可能性あり

貴方とのメールのやりとりの履歴や、貴方とのデート中に撮影した写真などを彼氏が消している場合も既婚者の可能性があります。独身なら交際中の相手とのやり取りや写真は、大切にとっておくものです。既婚者の場合は、履歴や写真などを家族に見られるリスクを無くすために、消去してしまう人は多いようです。

「あの時送った写真、無くしちゃったから送ってくれる?」などと彼氏に言って、デート中に貴方が撮影して彼氏に送った写真を、数日後に返送するように頼んでみましょう。すぐに送りかえしてくれないようなら、独身ではなく既婚者の可能性が高いと言えるでしょう。

彼氏が既婚者かも?と不安がぬぐえないなら興信所へ

彼氏が既婚者か独身か調べる

もしかしたら既婚者?と不安を抱きながらも独身だと信じて彼氏との交際を続け、いつか結婚をと思っているうちに婚期を逃してしまう女性は少なくありません。また、既婚者なのに独身と偽る人のなかには、浮気を楽しみたいという理由だけでなく、結婚詐欺を目的としている人もいます。

交際期間が長くなればなるほど、彼氏が独身ではなく本当は既婚者であることが判明した際のショックは大きく、場合によっては既婚者だと判明しても気持ちの切り替えが難しくなり、既婚者である彼氏ときっぱり別れることができなくなってしまう可能性があります。

すると、始めは独身だと思って付き合っていても、既婚者とのお付き合いは不倫に値するため、彼氏の家族から訴えられてしまう可能性すらあります。

被害者のはずの貴方が気付けば加害者とならないためにも、彼氏が既婚者かも?と不安を感じたら興信所へ依頼してしっかり独身か既婚者かの調査することをおすすめします。

彼氏が既婚者か独身かの調査依頼のポイント

彼氏が既婚者か独身かを興信所へ依頼する際のポイントは、興信所選びです。

まずは、調査実績が多い興信所を選びましょう。調査実績の多い興信所は信頼ができる興信所ということ。守秘秘密をしっかり守り、貴方が独身か既婚者かの調査を依頼したことを彼氏や周囲の人に気づかれる心配がありません。

また、調査実績があるということは、調査に関わるノウハウが蓄積されているということです。調査にかかる時間が短縮でき、結果として必要となる費用を抑えることにも繋がるでしょう。

次に、事前見積もりで明瞭な金額体系をとっている興信所を選ぶことも大切です。問い合わせの際に、しっかりと見積もりについても質問するようにしましょう。

特に、追加料金がかかることがあるのかどうか、また追加料金がかかる場合はどのような時でどれくらいかかるのか、しっかりと確認しておきましょう。