ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。
 > 
素行調査の料金・費用

素行調査の料金・費用

素行調査を依頼するにあたり、気になることの一つに「調査料金(費用)」があるのではないでしょうか。

一般的に、素行調査の料金システムが浮気調査など行動を調べる調査料金の基本システムとなっていることが多く、探偵事務所の浮気調査料金には、その探偵事務所の素行調査料金システムが適用されているケースが殆どなのです。

大きく分けて次の2つの料金システムが見られます。

 

時間料金制

時間料金 1時間○○円などと調査時間で料金が発生するシステムです。

最低4~5時間からの契約とするケースが多く見られますが、それぞれの探偵事務所によって多少の違いは見受けられます。

調査時間が長くなるほどに延長分のプラス料金が発生しますが、メリットとしては、1日ごとの契約であり、調査状況を見ながら調査を継続するか終了させるかの判断ができるため、日数や時間の無駄を抑えやすいことが挙げられます。

例えば浮気調査などで5時間、素行調査をしたが浮気相手の接点がなく、これ以上の調査は御依頼者が無駄と判断されれば打ち切る事ができるという事で、この日は5時間の調査料金となります。

また、浮気相手と合流し仮に10時間、調査に要した場合には10時間分のご請求となります。

 

定額料金制

定額料金 例えば、1日8時間や1日12時間など調査時間があらかじめ固定されており、調査料金も固定されているのが特徴です。

日数に決まりを設けずに、合計で30時間や50時間などとするパック料金制も存在し、いずれも時間料金制に比べて若干割安傾向が見られる点がメリットです。

注意すべき点としては、8時間や12時間の定額契約をすると、仮にその前(8時間なら5時間、12時間なら9時間など)に調査を打ち切ったとしても、料金の減額や次回調査への持ち越しはなく、更に8時間契約で12時間調査すると2日分となってしまいます。

パック料金の場合、日数に決まりはなくとも1日に最低○時間からとの決まりがある場合が多いですので、短時間で打ち切ったり、一定以上の日数、時間を超過しての調査を行うことはできません。

例えば、この料金システムの場合、営業社員の行動調査などでは有効かもしれません。朝10時から18時までの8時間を平日の5日間と設定すると時間料金より割安設定で素行調査を実施できます。

 

ご自身にあった料金プランを

ご自身にとって、いずれの料金システムにメリットがあるのかを見極めることが重要になります。

素行調査は一般的に1週間などある程度の期間を継続して行うことが多いですので、案件の状況、目的などを考慮してポイントを定めることができれば、料金・費用に無駄のない調査を行うことができます。

当探偵事務所では基本的に時間制を採用しておりますが契約時に担当相談員とご相談して効率の良い方法をご選択下さい。

当社の料金表はこちら