ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。

探偵はごまかしがきかない職業

世間に実在する探偵には本当に色々なタイプが存在する。
著者である私自身も20代から調査の道に身を投じた経歴を持ち、過去には様々な探偵達と接点を持ったことがある。

探偵という職業はある意味単純な職業であり「ごまかしがきかない」と言えます。

探偵が手掛ける調査が依頼人の期待に応えられるか?応えられないか?どちらかしかないシンプルな職業と言えるのです。

もし、探偵としての自力が無く「調査力に欠ける自称探偵」が依頼人から調査依頼を受けた場合には 「依頼人の期待を裏切る調査結果が多くなる」と言えるでしょう。

当然、高額な調査費用を費やした依頼人は「インチキ探偵」等の怒りの感情を持つこととなるのです。
調査力が低い探偵イコール「ヘッポコ」や「インチキ」等の評価を得るのです。

自身は探偵として一人前との自負がある人物ほど上記のような評価を受けやすく、 「自身が探偵であることを対外的に認知して欲しい」と思っている人物ほど「探偵としての調査力に欠ける」人物が多い傾向にあると個人的には思っています。

時々見掛ける「出たがり探偵」と呼ばれるマスコミに顔出しして宣伝効果を狙う探偵が存在します。
このような探偵は「現場での調査はNG」な存在となるばかりか、 「番組中に発言している内容の多くは極めていい加減」と言え「同業探偵からすると迷惑な存在」としか言いようがありません。

一度、涙が止まらない程「可笑しい調査手法を番組中に放送していた探偵」が存在しました。
その内容は「探偵犬なる犬を利用した調査」を実施するというものでした。

その調査とは浮気相手が同じマンションの住人であり調査困難なため探偵犬を利用し浮気相手の部屋を特定するというものでした。
なんとも需要が限られる探偵犬の出番に「お腹が痛いほど笑いが止まらなくなった」ことを記憶しています。

本当にこのような調査が実施されているならば「笑ってしまった私は不謹慎」と言えるでしょう。
しかし、信憑性に欠ける話に番組の出演者の表情も芝居じみて面白さに拍車が掛かった状況だったのです。

おそらく番組を盛り上げる為の架空のお話しなのでしょうが探偵犬による調査は傑作としか言いようがありませんでした。

御依頼者に対し「出来うる調査で応える」探偵として当たり前の姿勢を崩さないプロフェッショナルな存在とは対極に位置する探偵と言えるのでは無いのでしょうか?