侍の独り言・あけましておめでとうございます

2015年、明けましておめでとうございます。

旧年中はいろいろとお世話になりました。

本年も何卒、素行調査を専門としております当探偵事務所を宜しくお願い致します。

今年は新年早々から素行調査の依頼があり、動いておりましてご挨拶が遅くなってしまい失礼致しました。

今回の素行調査は夫の浮気に関する素行調査でなんと浮気相手と海外旅行。

昨年の大晦日に依頼者である奥様と車で奥様の実家に行き、そこで一泊して正月の午後には対象者である夫が1人で車で外出する。奥様には仕事上での付き合いで年末から行かなければならないのを自分だけ遅らせて正月を一緒に迎えてから行くと言っていたらしい。

正月の東京は車も少ない。ばれないように見失わないようにと尾行していく。

すると奥様の読み通り、浮気相手が住んでいるかと思われる知らないマンションまで行き、20歳代後半の女性と合流する。たぶんのこの女性が浮気相手なのだろう。とりあえず女性の映像を撮影し住所を押さえる。そして女性の荷物を積み、車に乗せ走り出る。多分、成田空港にまっすぐに向かうのだろう。

車の中ではこれからの海外旅行について2人とも胸を躍らせて話しているのだろう。全く後に警戒する気配はない。途中、パーキングエリアに寄り、少し休憩したものの、しばらくして成田空港に到着、車をパーキングに止め、ターミナルに入っていく。

本来、こういったケースでは浮気の証拠を確実に取る為に探偵も海外まで同行するケースも多いが今回は依頼された時期と便名を特定できなかった事もあり、同行はできない。出国ゲートまでである。しかし、2人の様子をしっかりと撮影していく。腕を組んだり、手をつないだりと仲睦ましい感がいっぱいであるがこれだけでは浮気の証拠としてはまだまだ弱い。

予約の飛行機にはまだ時間があったのだろう。2人でカフェに入る。店内を覗くと2人の座った席の近くが空いている。通常、こういったお店には入らないのだがこの後、2人は飛行機に乗ってしまうので遠慮なく、近くの席に座り2人の会話に聞き耳を立て、録音もする。

目的地は奥様に言っていた通りグアムである。まあ、海外の場合、なかなか目的地に着いて嘘は通らない。パスポートを見られたらおしまいである。

既に対象者は何回となくグアムに行っているのであろう。観光地などを説明したり、2人でするレジャースポーツの話をしたりして2人だけの旅行である事が話から伺われる。大事な証拠になるかも知れない。

そして小1時間後にカフェを出て、出国ゲート向かう。

おもいっきり楽しんできてくださいと見送る。何しろ帰ってきたら地獄が待っていますから。

昨日の5日の月曜日、朝から成田空港で張り込む。この続きは次回にでも。

とりあえず、本年もこの侍の探偵ブログ共々、宜しくお願い致します。

 

 

侍の独り言・素行調査とは

素行調査と一言で言ってもいろいろな素行調査がありますが一般的には対象者の日常の行動を調べる事で尾行調査、行動調査とも言います。

追跡、尾行して調べる素行調査の中で最も多いのが夫や妻の不倫に関する素行調査です。特に最近、ご主人からの依頼による妻の素行調査の依頼が増加してきています。中には嫁を調査して欲しいという舅や姑からの依頼もあります。

もちろん恋人に対する浮気調査もありますがやはり夫婦間の不倫に比べると圧倒的に少ないのは事実です。しかし、婚約者の素行調査では浮気などの異性関係以外にもギャンブルや趣味、趣向、時には思想関係にまでを把握するのにも利用されるのが素行調査の利点です。

不倫調査の次に多い素行調査は社員の素行調査です。

これは素行不良の社員の実態を調べるものでけっこうサボっていたりしている実態が出てきます。更には会社の情報などを漏洩してしまったり、商品などを横流しや売却してしまう場合もあり、経営者にしてみれば大きな問題です。

そのほかにも子供の素行調査もあります。

非行に走っていたりする実態を把握するばかりではなく、いじめ問題にも適用できます。いじめ調査と言われる調査もあり、素行調査によっていじめから解決した例もあります。

人それぞれに利用目的に違いがありますが素行調査は人物を知る上で大事な調査項目でもあり、探偵が一番得意とする調査が素行調査であります。

 

素行調査の結果

男女間についての浮気調査や不倫調査、社員の非行面を調べるなどの素行調査において殆どがご依頼者の不安に思う通りの結果が得られるケースが多い。

確かに不安があるから探偵事務所に調査を依頼するのであって、不安のない人を調べようとはまず思わないからでだろう。

配偶者や恋人の浮気調査では殆ど浮気や不倫をしており結果が得られる。よく初めての相談者から何日間も調査しても浮気の証拠というか結果が出ないこともあるのですか?と、尋ねられる。自分の配偶者や恋人がそうあって欲しくないと思いたいのであろう。しかし、何かしらおかしいから探偵事務所に調査を依頼したいのであって、愚問である。そのおかしな状況を聞くとまず浮気や不倫をしていると経験から感じる。いや、本当は探偵以上に依頼者ご自身が感じているのであろう。

素行調査は依頼された日の行動をつぶさに調べる。浮気とか不倫の状況はその副産物である。

仮に浮気相手と会わなくても分単位の報告書を作成する。

それが素行調査を依頼された依頼人に対する義務であり、探偵事務所の商品なのである。

 

 

侍の独り言・不倫の秋

食欲の秋。読書の秋。スポーツの秋。

様々な秋がありますが「不倫の秋」でもある。

ハイキングや小旅行、郊外でのイベントが多くある行楽シーズン。

はたまた会社や地域、子供の学校での運動会シーズン。

何かと人の出会いが多くなる季節。

「人恋しい秋」に誘われるのか?

グループで紅葉狩りに行き、知り合い、不倫に発展。

運動会の競技に参加して知り合い、不倫に発展。

既に不倫カップルとなっている人も小旅行などを計画している人が多い。

不倫調査、浮気調査が多い時期でもある秋。

探偵にとっても熱くもなく、寒くもなく、身体に優しく、調査するには最高の季節である秋。

秋、到来。

 

 

 

 

侍の独り言・浮気の継続性を問う

ここ最近、浮気に関する離婚訴訟では「浮気の継続性」と問う事が多くなってきている。

浮気の継続性とは一度の浮気だけでは離婚理由には弱いとみる風潮である。確かに民事裁判でもその様な判例が多くなってきているのである。浮気に悩んだ依頼者が浮気調査を探偵に依頼してラブホテルでの浮気現場を押さえ、その写真を添付した報告書を証拠として提出しても1度の浮気は許してあげなさいと諭されるのである。

依頼者にしてはたまったものでは無い。しかし、司法の世界では一度くらいの過ちは夫婦関係の破綻になるほどの理由では無いとの見方になってきているのである。そこで浮気の継続性である。同じ相手と2度の浮気現場を押さえると継続性があると判断され、完全な夫婦破綻の理由に挙げられるのである。

この件については当社の相談員に聞くより一度でも弁護士に直接聞いて貰いたい。正直、直接営業に関する問題だからである。誠意を持ってこの継続性を問題を説明しても調査を長引かせている様に勘違いされてしまう。

一度の浮気現場の証拠で相手が認め、話し合いで終われば協議離婚や慰謝料の問題もクリアできるがもしも相手が納得しないで訴訟にでもなると継続性のことが問われてしまうので充分に考慮が必要なのかもしれない。