侍の独り言・衆議院選挙

明後日の日曜日は衆議院選挙。

過去の選挙は殆ど投票をしてきている侍。明後日も投票には行くつもりなのであるがまだ誰にしようか、どの党にしようか、決めかねている。

景気回復、原発問題、沖縄県基地問題、消費税問題などなどなど、考えれば考えるほどに是非について疑問が残ってくる。

景気回復、もちろん早急にお願いしたい。探偵業界でもまだまだ不況の下にあって厳しい状況である。そして直結してくるのが消費税10%への増税問題である。探偵に依頼する調査料金はけっして安いとは言えないと思う。素行調査を1日5時間くらい行えば10万円くらいになってしまう。3日間も続ければ30万円は越すのである。

ご依頼者全てが大金持ちなら何ら問題はないのであろうが中には資金繰りが厳しい人でも悩みやトラブルを解決したいが為に依頼していただいている。借金までして調査依頼する事はないのでいくら必要といってもそこまではしないで頂きたい。

中にはサラ金や闇金に連れて行くという悪質な探偵事務所もあるという。とても信じられない。

身の丈にあった範囲で調査依頼をして欲しい。

景気回復問題以上に改善して欲しいのが個人情報保護法の改定である。

世間では間違った個人情報保護法がまかり通っている。個人情報であればどんなことでも秘匿しておかなければならない、という事はない。

今の探偵はこの法律で様々な壁にぶち当たっているのが現状で、それ以上に様々な犯罪も増長させていると思われる。

最近、ニュースでも取り上げられていた夫連続殺人事件、複数回の離婚歴が知られていなかったみたいである。結婚相談所でも本人が申告した身上を信じるしかないのである。やはり間違っていると思う。

採用調査でも学歴や職歴を偽っている人もいる。過去の勤務先に問い合わせても個人情報保護法を盾に情報を開示してくれない。そんな馬鹿なと思ってしまう。

先日はある人の紹介で断られた会社からある人物の調査が入ったのだが過去のことから現在までをいろいろと知りたがる。

人とはそういうものなのである。

結婚詐欺調査でも同様である。独身と偽って既婚者であったとか教わっていた指名や住所が全て出鱈目であったにしても個人情報保護法のおかげで調査の難易度上がっている。

せめて届け出をした探偵には多少の個人情報も職務上でいろいろと取得して貰えるようにして貰いたい。確かにその情報の扱いには細心の注意が必要であると思うがそれこそ監督省庁がきちんと監視してもらってもかまわない。

今度の衆議院選挙には個人情報保護法についても改訂を促してくれる様な候補者を選びたいのだが残念ながらそんな候補者はいない。

これが現実である。

とりあえずは取り急ぎ自分の要求するものに合致する候補者を選ぶしかないのだが・・・・・・・・・・・優先順位がむずかしい。

 

侍の独り言・リベンジポルノ防止法

11月19日にリベンジポルノの防止法となる「私事性的画像記録の提供被害防止法」なる法律が参議院で可決、成立した。

リベンジポルノとは過去に交際していた相手と別れた事による私怨で撮影していた裸や性行為の写真をネット上に公開するという嫌がらせ行為でその被害者の殆どは女性である。一度、公開されてしまうとインターネットの普及により更なる拡散を呼び、被害者の精神的苦痛については大きく社会問題としても物議をかもし出していた。

この防止法の制定により撮影対象者や投稿者などを特定することができるとして、その裸や性行為の写真や画像を不特定多数に公開した場合には3年以下の懲役、または50万円以下の罰金とする刑事罰が制定されている。更にその被害者が刑事告訴などをしやすくする支援体制なども定めているとされる。

少し遅いような気もしたがこの防止法の制定によりこの手の嫌がらせ行為の減少には大きな力を発揮するものと期待している。

しかし、加害者の異常な神経を考えると喜んでもいられない。

なにしろレベンジポルノはその名の通り、復讐ポルノである。過去の交際相手の恥ずかしい裸や性行為の画像をネット上に公開する事で復讐心が満足していたり、押さえられていた人も多かったのであろうがそれが規制された事で更なる悪質な嫌がらせ行為を増長させてしまう人も少なくないと思われるからである。

ネットで公開することで満足していたがそれがこの防止法により規制されたことで直接的な嫌がらせ行為をする輩も増えるかも知れないという危惧である。

実際にストーカー規制法が制定されても暴行、傷害ばかりか殺人にまで及ぶ凶悪事件が頻発している。

ストーカー調査やストーカー対策も業務にしている探偵にとってもその犯罪心理には今後も強化して様々な対策を考えなくてはならない。

親密に交際していた男女が別れる際になんらかのトラブルが生じ、一方的に復讐心を持ち、その復讐してやりたいという気持ちがストーカー行為や様々な嫌がらせ行為となって現れてくる。

なにしろストーカー行為や嫌がらせ行為をする人の殆どが自分自身の方が被害者だという意識が強い。別れに至ったのは相手の一方的な言い分でこちらには非がないと思っていること自体が厄介でこんなに苦しく、思い悩んでいるのは相手が悪いからだという被害者意識。

リベンジポルノもその現れからの行為なのであるがとりあえず、この防止法の制定により何らかの抑止力になることを強く望んでいる。

 

 

 

侍の独り言・京都の夫殺人事件

青酸性毒物により夫を殺人したとして逮捕された女性については連続殺人事件というか未曾有の大事件に発展しそうな状況で、これからの取り調べなどの経過についても侍は個人的にも興味を持っている。

ただ探偵としては曖昧な結婚相談所の実態には驚いており、結婚調査の重要性を改めて強く訴えたい。

あくまでもニュースやワイドショー的な番組からの情報で真偽は不明であるが殺された夫との婚姻期間中にも別の結婚相談所に登録して次の相手を探していた言う。

別宅を登録していたのか、女性の申告を真に受けていたのか。別の結婚相談所では婚姻歴も過小に申告していたという。やはり申告を真に受けていたのであろう。

結婚相談所では登録した人について細かく調査することはないのであろう。確かに登録した全ての人の調べたら、その労力やコストは莫大なものになってしまい、誰も結婚相談所を開業しないだろう。それでも申告を真に受けて紹介してしまう安易さには疑問が残る。こう感じているのは侍だけなのであろうか。その安易さにより結婚詐欺師なども増加している。これは婚活パーティーなどにも言える事なのだが相手が申告した身上や身元を信じざるを得ない。何しろ信じる事から始まるのである。まず相手は絶対に独身である事から始まる。まさか既婚者とは誰もが思っていない。しかし、交際が始まり、親族が調査を依頼してきて既婚者である事が判明したケースもあった。

探偵が実施する結婚調査。この殺人容疑が掛かった女性が対象者だったらと考えてしまう。探偵という職業病かも知れない。

過去の死別した元の夫達については殺人を断定する事はなかなかできないと思う。しかし、葬儀の後の対応や資産の売買などの状況を調査することは通常の調査範囲だし、元亡き夫達の親族などから聞き込みをする事も当然、実施する。それによりこの女性の裏側の部分を垣間見れたかも知れないと思っている。死別した元夫達の親族はこの女性と再婚したことも知らされず、葬儀の段で再婚した妻だと知ったという。そして所有していた資産を妻として相続、全てを売却してしまっている。余計なオサワではあるが死別した元乙立の位牌はどうなっているのだろうとも思っている。いずれにしても各親族はこの女性に対して良い印象は持っていない事は確かであろう。

この連続殺人容疑の女性によって探偵が実施する結婚調査の重要性は再び認識されると信じている。確かにこの事件は希有なケースかも知れないが結婚詐欺を含め自己申告を守る傾向には警鐘を鳴らせたかと思う。

間違った個人情報保護法の解釈についてももう一度、有識者できちんと考えてもらいたい。

 

侍の独り言・新宿の素行調査

探偵侍にとって銀座の次に余り印象の良くない場所が新宿歌舞伎町とその周辺地域である。

ただ新宿は昼夜を問わず日常、調査でよく赴く街のひとつでもあり、決して嫌いな街ではない。確かに尾行などの素行調査をする際に小田急、京王、伊勢丹、三越、高島屋などの百貨店や各種ファッションビルなどの商業施設内での尾行の難しさは対象者がエレベーターを利用する際などの点が上げられるが新宿の雑踏は昼夜を問わず、好きな街でもある。映画やドラマ、小説などの影響も過分にあると思うが新宿の街は都会の探偵の似合う街と言ってもけっして過言ではないだろう。

西口の高層ビル郡を中心に大都会を形成している新宿。

そんな新宿の中にあって北側というか新大久保に向かう日本最大の歓楽街と言われる歌舞伎町。

女性が接客するキャクラ、クラブ、バー、スナックから男性が接客するホストクラブなどの風俗店、各国のレストランや居酒屋を含む飲食店、映画館から遊戯店などのレジャー施設、大小の雑貨店から性風俗店、ビジネスホテルやラブホテルも乱立している眠らない街、歌舞伎町。

配偶者の浮気調査を含む一般的な素行調査から家出調査などで探偵侍もよく訪れている街である。

それなのになにが印象が良くないかって?

それは張り込みにおいての弊害である。

歌舞伎町やその周辺地域には昔から様々な暴力団組織の枝葉の事務所が数多く存在している。ひどいところだと1棟のビルやマンションに別組織の事務所がいくつか入っているというケースもある。

そんな事務所のあるビルやマンションやその近くに対象者が出入りするとどうしても近くで張り込みをするしかないのであるが張り込み始めて短時間で暴力団関係者がやけに警戒を始める。

張り込みにおいては通常でも周辺には気を遣うのだがそれ以上に気を遣わなければならず、中には声を掛けてくる人もいる。最初は警察関係かと疑心暗鬼に満ちて静かに聞いてくるのであるが一般人と判ると手の平を返したかのように横柄となり、「邪魔だ」「目障りだ」と言ってくる。探偵とは言えない弱みもあり、対応するが聞く耳を持ってはいないので、張り込み場所を移動するのであるが見づらい場所になってしまうことも多々ある。

本当に厄介である。

また最近では得体の知れない外国人もおり、一見したところ、不良外国人と判る人種も多く、下手にトラブルも起こしたくない。

都会の歓楽街と言われる場所お置いては付き物のことであるが信じゆくほど張り込みに気を遣い厄介な場所は少ない。

よくドラマや映画の世界では探偵は暴力団と親しい関係がよく描かれているがけっしてそんな事はない。

侍の独り言・探偵事務所の実態

探偵に調査を依頼しようとする人はどのようにして探偵を知るのでしょう。

探偵事務所のそばに自宅や勤務先があり、看板を良く目にしている。ポスターやチラシで知ったなどだと思いますが、現在、一番多いのがインターネット検索機能を使い、キーワードを入れて検索すると、数々の探偵事務所が出てきます。

少しキーワードを変えるだけでも全く違った探偵事務所が多く出てきます。そのホームページを見て連絡するのですが探偵も大小あり、個人の探偵もホームページを出ています。そしてあたかも数人が勤務しているかのようにホームページには書かれています。

やはり検索した探偵事務所に訪ねられる事をお勧めします。そして自分の目で確かめて下さい。また1カ所の探偵事務所ではなく、数カ所の探偵事務所に訪れる事もお勧めします。そしてその対応の状況や料金の事をきちんと説明出来るか否かもきちんと確認して下さい。

更に調査料金が前金なのか後払いなのか、大事な事です。調査に自信のある探偵事務所は後払い制を採用しているところが多いのは事実です。
事務所に訪ねて行ったら個人宅みたいなところであったとか、相談応対が契約しないと退室させないように軟禁状態を強いる大手探偵事務所もあるみたいです。また、大手と語っているものの調査員がおらず、調査は全て下請けや孫受けの個人の探偵に調査を丸投げしているところもあります。
調査の内容にも異なりますが数十万にもなることがある調査料金、あなたご自身で何カ所
かの探偵事務所をきちんと確認し選択される事をお勧めします。