侍の独り言・京都の夫殺人事件

青酸性毒物により夫を殺人したとして逮捕された女性については連続殺人事件というか未曾有の大事件に発展しそうな状況で、これからの取り調べなどの経過についても侍は個人的にも興味を持っている。

ただ探偵としては曖昧な結婚相談所の実態には驚いており、結婚調査の重要性を改めて強く訴えたい。

あくまでもニュースやワイドショー的な番組からの情報で真偽は不明であるが殺された夫との婚姻期間中にも別の結婚相談所に登録して次の相手を探していた言う。

別宅を登録していたのか、女性の申告を真に受けていたのか。別の結婚相談所では婚姻歴も過小に申告していたという。やはり申告を真に受けていたのであろう。

結婚相談所では登録した人について細かく調査することはないのであろう。確かに登録した全ての人の調べたら、その労力やコストは莫大なものになってしまい、誰も結婚相談所を開業しないだろう。それでも申告を真に受けて紹介してしまう安易さには疑問が残る。こう感じているのは侍だけなのであろうか。その安易さにより結婚詐欺師なども増加している。これは婚活パーティーなどにも言える事なのだが相手が申告した身上や身元を信じざるを得ない。何しろ信じる事から始まるのである。まず相手は絶対に独身である事から始まる。まさか既婚者とは誰もが思っていない。しかし、交際が始まり、親族が調査を依頼してきて既婚者である事が判明したケースもあった。

探偵が実施する結婚調査。この殺人容疑が掛かった女性が対象者だったらと考えてしまう。探偵という職業病かも知れない。

過去の死別した元の夫達については殺人を断定する事はなかなかできないと思う。しかし、葬儀の後の対応や資産の売買などの状況を調査することは通常の調査範囲だし、元亡き夫達の親族などから聞き込みをする事も当然、実施する。それによりこの女性の裏側の部分を垣間見れたかも知れないと思っている。死別した元夫達の親族はこの女性と再婚したことも知らされず、葬儀の段で再婚した妻だと知ったという。そして所有していた資産を妻として相続、全てを売却してしまっている。余計なオサワではあるが死別した元乙立の位牌はどうなっているのだろうとも思っている。いずれにしても各親族はこの女性に対して良い印象は持っていない事は確かであろう。

この連続殺人容疑の女性によって探偵が実施する結婚調査の重要性は再び認識されると信じている。確かにこの事件は希有なケースかも知れないが結婚詐欺を含め自己申告を守る傾向には警鐘を鳴らせたかと思う。

間違った個人情報保護法の解釈についてももう一度、有識者できちんと考えてもらいたい。

 

侍の独り言・新宿の素行調査

探偵侍にとって銀座の次に余り印象の良くない場所が新宿歌舞伎町とその周辺地域である。

ただ新宿は昼夜を問わず日常、調査でよく赴く街のひとつでもあり、決して嫌いな街ではない。確かに尾行などの素行調査をする際に小田急、京王、伊勢丹、三越、高島屋などの百貨店や各種ファッションビルなどの商業施設内での尾行の難しさは対象者がエレベーターを利用する際などの点が上げられるが新宿の雑踏は昼夜を問わず、好きな街でもある。映画やドラマ、小説などの影響も過分にあると思うが新宿の街は都会の探偵の似合う街と言ってもけっして過言ではないだろう。

西口の高層ビル郡を中心に大都会を形成している新宿。

そんな新宿の中にあって北側というか新大久保に向かう日本最大の歓楽街と言われる歌舞伎町。

女性が接客するキャクラ、クラブ、バー、スナックから男性が接客するホストクラブなどの風俗店、各国のレストランや居酒屋を含む飲食店、映画館から遊戯店などのレジャー施設、大小の雑貨店から性風俗店、ビジネスホテルやラブホテルも乱立している眠らない街、歌舞伎町。

配偶者の浮気調査を含む一般的な素行調査から家出調査などで探偵侍もよく訪れている街である。

それなのになにが印象が良くないかって?

それは張り込みにおいての弊害である。

歌舞伎町やその周辺地域には昔から様々な暴力団組織の枝葉の事務所が数多く存在している。ひどいところだと1棟のビルやマンションに別組織の事務所がいくつか入っているというケースもある。

そんな事務所のあるビルやマンションやその近くに対象者が出入りするとどうしても近くで張り込みをするしかないのであるが張り込み始めて短時間で暴力団関係者がやけに警戒を始める。

張り込みにおいては通常でも周辺には気を遣うのだがそれ以上に気を遣わなければならず、中には声を掛けてくる人もいる。最初は警察関係かと疑心暗鬼に満ちて静かに聞いてくるのであるが一般人と判ると手の平を返したかのように横柄となり、「邪魔だ」「目障りだ」と言ってくる。探偵とは言えない弱みもあり、対応するが聞く耳を持ってはいないので、張り込み場所を移動するのであるが見づらい場所になってしまうことも多々ある。

本当に厄介である。

また最近では得体の知れない外国人もおり、一見したところ、不良外国人と判る人種も多く、下手にトラブルも起こしたくない。

都会の歓楽街と言われる場所お置いては付き物のことであるが信じゆくほど張り込みに気を遣い厄介な場所は少ない。

よくドラマや映画の世界では探偵は暴力団と親しい関係がよく描かれているがけっしてそんな事はない。

侍の独り言・銀座の素行調査

探偵にとって鬼門の場所がいくつかあるはずである。

東京で探偵をしている侍も過去、何度も煮え湯を飲まされた場所がある。

東京の銀座である。

特に夜の銀座の高級クラブが立ち並ぶ地域には閉口してしまう。対象者が銀座の夜の街に赴くと素行調査において弊害がいろいろとある。

尾行してきた対象者が銀座のソシアルビル(クラブやバーなどが入っているビル)の3階にある高級クラブに入ったとする。

まず警戒しなくてならないのが黒服やポーターと言われる各店舗の男性店員である。馴染み客であると1階にいるそのような男性店員より案内される場合がある。一緒にエレベーターに乗り込むことが難しくなる。仮に対象者が入店したお店を特定したとしても店内に入る事はまずできない。普通の居酒屋やスナックであれば少し遅れて店内に潜入しどのような人物と接触しているのか、確認する事はできるのだが銀座の高級クラブでは一見お断りが多く、潜入などはなかなかできるものではない。

その後はそのビルでの張り込みである。黒服やポーターがうろうろしているビルの近くで張り込まなければならないのである。

これがかなり困難でもある。対象者はものの30分くらいで出てくる時や3時間、4時間と在店している場合もある。一時も目が離せないのである。しかも、黒服やポーター達に警戒されないようにしなければならない。

上手く張り込みができたとして対象者が出てきても黒服やポーターに警戒しながら状況を把握して尾行をするのだがその際にも黒服達に対象者を追跡していると悟られないよしなければならない。女の子を通してあとあと尾行の事実が対象者に告げられでもしたら失敗したも同然である。

更に対象者が駅に向かい電車を利用してくれれば良いのだがそんなに都合良く電車を利用してくれるとは限らない。むしろ高級クラブに行けるだけの対象者だと殆どがタクシーである。1日で調査が終わるとは限らないからである。

銀座は夜間、一方通行などの規制がかかる。またタクシーを拾える場所も様々である。

タクシー乗り場にしてもその後に向かう目的地の方向によって場所は異なってくるし、お店でタクシーやハイヤーを呼んで待機してもらっている場合もある。

タクシー乗り場に行ったらすぐに後に並ばなければならないし空車が続いてあるとは限らない。また探偵車両も用意してあってもその場所までに回すのに時間が掛かってしまう場合もある。何しろ一方通行などの道路規制によって場所によっては遠回りをしなければならないのである。

また待機させているタクシーやハイヤーに乗られた場合も同様である。そのような場所で空車を拾うのは困難だからである。

日頃から銀座の夜の状況を理解し把握していないと東京で探偵はできないのである。ただ限られた調査員数でこのような状況を打破して尾行を成功させるには厳しいものがある。

たまに夜の銀座の街中を中型や大型バイクを押している人間がいる。周囲に目立っているが侍と同じ探偵かも知れない。なぜ大型バイクかって。小回りのきく小型のバイクの方が楽でしょうって。小型バイクだと対象者が乗り込んだタクシーが高速道路に入ったらそれまでなのである。

まだまだ一部しか書けなかったが本当に夜の銀座は探偵泣かせの街なのである。

 

侍の独り言・GPS発信器

今日もある奥様からの依頼でご主人の素行調査。

ご主人は殆ど車で外出する。

そこで登場したのがGPS発信器。

奥様の許可を得て前日には車に発信器を装着しておく。

案の定、対象者であるご主人が来るまで外出する。しかし、奥様の情報通り、道をよく知っているのか裏道ばかりを走行する。そればかりか奥様が依頼される前に探偵を使って調べると売り言葉に買い言葉で言ってしまってからの依頼で多少、警戒をしている。

そんな状況で裏道をずっと尾行していくのは困難である。

少し距離を置いてしまったら信号に掛かってしまい、相手を見失ってしまった。

GPS発信器で検索するとそんなに離れてはいない。

進行方面を検索しながら追尾する。

すると30分ほど走ったあるコンビ二の駐車場に停まっている。ご主人は店内にいる。

しばらくして出てきて車に乗り、走り出る。そこからは目視で追尾。

このあたりは余り裏道を知らないのだろう。大通りを走り続けくれている。

まして自宅から出た後にピッタリと追跡してくる車はなかったのだから安心もしているのだろう。

それでも注意深く、つかず離れずで尾行を続ける。

東京のベットタウンとされる地方都市のマンション前に止まる。そのマンションから女性が出てきてご主人の車に乗り込んだ。

今日はラブホテルには行かなかったものの食事したり、休憩したりとドライブデートを楽しんだ2人はご主人に送られて女性はマンションまで送り届けられて自宅に戻ったのである。

まだ浮気相手と特定はできていないがデートを楽しんだ空いた女性のマンションの部屋までを特定する事はできたのが収穫ではあった。

長時間の車の尾行で2度ほどGPS発信器のお世話になり、探したが大きく見逃すことはなく、順調に今日の調査を終えることができた。

GPS、様々である。

 

 

侍の独り言・素行調査としての聞き込み

素行調査では尾行、張り込みをする尾行調査ばかりとは限らない。

居住先近隣からの聞き込みによる内偵調査でも素行調査をする場合がある。特に結婚調査や採用調査で実施する調査手法である。

先日もある人物の過去の素行面を調べるために様々な情報から現住所ばかりではなく、以前住んでいた所を数カ所調べ上げて各所に聞き込みを行った。

現住所周辺からは更生したのか、おもてづらが良いのか悪い話は全くと聞かれない。むしろ近所に対しても愛想が良く、良好の評判であった。

ところが前住所やそれ以前に住んでいた所では出るわ、出るわ、悪い話が。

女性関係が派手であったり、どう見ても素行不良の友人達が集まっていたりと近隣からも一線を引かれて見られていたという。

更に住まいに警察の捜査が入ったり、警察の聞き込みがあった事も判明、その後、前住所に引っ越したみたいである。

事件に関与して逮捕されたかは憶測の範疇をでなかったもののそこまで警察にも迷惑を掛けた過去の行状が判っただけでも収穫である。

現住所だけでは「良い人」で終わってしまい、それだけの報告書を受け取ったご依頼者はそれを参考にするだろう。

探偵の聞き込みにおける素行調査ではどれだけ聞き込める所を確保するかにもかかっている。

ただ浮気に関する素行調査では聞き込みでのやり方は通用しない。過去の浮気の事実を解明するのは殆どできないことと理解して欲しい。