ストーカー調査

殺人事件にまで及ぶストーカー事件。

過去にも様々なストーカー事件がニュースに取り上げられたことは記憶されている。しかし、ニュースに取り上げられない事件はかなり多く、後を絶たない。

インターネットによる嫌がらせ行為も陰湿化して誹謗、中傷も通り越し、復讐サイトなどを利用、交換ストーカー事件も起こり始めている。

法整備も遅れているのは実情ではあるが現在、ストーカー規制法が禁じている「つきまといや嫌がらせ行為」は下記があげられている。

(1)尾行したりや待ち伏せしたり、自宅や勤務先などで見張っていたりする行為
(2)実際にしていなくても行動をいつも監視していると告知する行為
(3)メールや文章も含め面会や交際、復縁などの要求する行為
(4)大声で罵るなどの暴言
(5)無言電話やファクス、空メールなどの連続送信による嫌がらせ行為
(6)ゴミ、汚物や動物の死骸などの設置や送付
(7)名誉を傷つける文書やメールの送付やネット上での公開
(8)わいせつな画像、写真などの送付、公開(リベンジポルノ)

上記行為はいずれも複数回確認されて初めて規制対象となるらしいので1回確認したからといっても即座に違法行為にはなりません。特に傷害事件や更に命までを狙う(1)の行為には充分な注意、警戒が必要です。確かに(2)~(8)については物証が残るものが多いのですが最近、交換ストーカーな事や友人にお願いするパターンもあります。

やはり確たる証拠を集めるしかないのです。

探偵事務所によるストーカー調査によって危機的状況の回避や証拠付けした資料を作成し警察などへの提供資料にお役に立てているものと自負しています。

ご自身ばかりではなく家族の身の安全を守るのも探偵の役目なのです。

 

素行調査と寒波

この寒波により雪国での降雪量は日を追うごとに増加しおおきな被害も心配される。

東京やその近県での降雪量はそれほど心配ではないが寒波による寒さは素行調査をする上でかなり堪える。素行調査では依頼者が余程希望しなければ一緒に潜入はしない為、基本、飲食店やホテルには入らない。

対象者が出てくるまで外で待つ。寒波の時にはこれが厳しい。

2時間でも3時間でも、時には徹夜となっても外で張り込む。

この辛さをどの探偵も経験しているだろう。この経験なくして探偵を語れないのも当然だ。

今夜も調査員は寒い夜に調査で出て行く。防寒をしても本当に厳しい。

探偵の仕事

探偵の仕事内容というのは、個人や団体などから依頼を受けた事柄に対して綿密に調査をしてさまざまな情報を集め、それを依頼主に報告することです。探偵の業務を行うためには、最寄りの都道府県の公安委員会や管轄の警察署に届出をし許可をもらう必要があります。

犯罪事件の犯人の逮捕などは警察の仕事で、探偵は逮捕の権限をもっていません。個人の調査はもちろん、企業の信用や人事調査などでえた情報には守秘義務があります。きちんとした探偵事務所では、守秘義務について契約書の書面で保証をしているので、守秘についての事項が明確に書かれていない探偵事務所は利用を避けたほうが賢明だといえます。

現在、探偵事務所では浮気調査が調査全体の60%以上を占めているといわれ、それについで素行調査や身辺調査、人探し、家出人の捜索などの依頼が多いようです。したがって浮気調査の依頼の件数が探偵事務所の収益に大きくかかわってくるので、どの業者でも重点をおいて業務を行っています。

 

 

 

探偵とは

普段、探偵というのはどのような仕事を行っているのでしょうか?

探偵の仕事内容についてご紹介しましょう。

探偵の仕事内容は、素行・行動調査があります。代表的なものは浮気調査がですが、会社から頼まれる社員の素行調査やいろいろな人物の張り込みや尾行を主に行います。

行方不明の人の調査があります。行方不明者や家出人を見つけ出す調査です。

行方不明者の調査の特徴は、いろいろな情報の収集、張り込み、聞き込み、工作活動、尾行など、探偵のテクニックを使って解決することです。

信用調査があります。個人や会社の信用調査で、取引関係、交友関係、お金の状況を調査します。

結婚調査があります。身上書の内容や自己申告している内容に詐称がないか、資産関係の調査、そのた気にしている内容を調査します。

盗撮器・盗聴器の発見があります。依頼されたほとんどの案件は、依頼した人の思い込みが多いそうです。でも、実際に付けられていて見つけたこともあります。

依頼される仕事内容は、普通このようないずれかに属します。

探偵の仕事は、完璧に張り込み、情報収集、尾行、聞き込みができると可能です。

探偵というのは特別な職業になるのかもしれません。

ニセ探偵にご用心

先日、警視庁より都内の探偵、興信所などの調査会社に既存の会社名と似た商号を名乗り、詐欺やそれに似た違法行為をする犯罪が増加しており、注意を促されました。

正規の調査会社では請け負ってもいない調査に対して料金を請求する事はなく、また勝手に調査をして料金を請求する事も絶対にありません。ましてアダルトサイトなどから依頼を受けて調査をした相手に有料サイトの料金を請求することなど絶対にありません。

料金が発生するのは調査契約書を交わされたご依頼者のみです。覚えのない請求の電話、メールが来たらすぐに近くの警察に連絡してください。