探偵侍の独り言・素行調査とは?

現代では余り耳にする事もなくなり探偵用語にも聞こえる「素行調査」という言葉。多分、昭和50年以前の生まれの方でしたら、殆どの人が耳にした事はあるかと思います。
「素行調査」とは書いてある通りに素行を調べるという事で、通常、尾行、張り込みにより対象者の動静を調査する事で、尾行調査、追跡調査、行動調査、動静調査などとも言われ、特に夫婦間での浮気を調べる素行調査では浮気調査、不倫調査などと別格的な呼称もあります。
尾行、張り込みによる素行調査の場合、まず依頼人から自宅や勤務先など調査開始場所を指定して頂き、指定開始時間から対象者が出てくるのをひたすら張り込んで待機します。ここでまず問題なのが本人確認についてです。もちろん事前に依頼人から対象者の写真などを預かりますが写真がかなり古かったり、現在の印象と大分異なっていますと特定が困難となっていきます。特に対象者が女性ですと髪型、化粧で印象がガラッと変わってしまい、冬場などではマスクでもされると最悪です。なるべく新しい写真をご用意していただけることや事前に顔確認をさせて頂ける事を望みます。
張り込みの際にも周囲には充分に注意していないと近隣住人や勤務先同僚などに怪しまれても調査そのものに支障を来す場合もあります。怪しまれていて対象者を尾行する所でも見られたら今後の調査もできなくなってしまいます。
開始場所より対象者が出てきたら尾行を始めていきます。
探偵にとって対象者との距離間は携わる探偵によっても多少の違いはありますが近すぎると対象者に察知されてしまう危険もあり、距離を取りすぎると見逃してしまいます。又、状況によりその距離間は自ずと異なってきます。これは経験を積み重ねる以外、教わってできるものではありません。
尾行していき、対象者が飲食店に入ったとします。調査内容によりその店内に潜入する場合もありますが浮気調査の場合にはまず入る事はなく、お店の外で張り込みます。これは飲食店内において不貞行為が行われる事は無いからで敢えて退店後も尾行を続けていく探偵の顔をさらす必要が無いからです。

退店後も尾行を続けていきます。対象者が大型商業施設や遊戯施設などに入った場合は一緒に入っていくしかありませんが小規模店舗であればやはり裏口を確認し出入口で張り込みを続けます。

対象者が人と合流した場合、合流した人物の顔写真を撮影、基本的には別れてもその対象者を尾行しますが浮気調査の場合、浮気相手と判断されたなら対象者と別れた後はその浮気相手に調査対象を切り替えて尾行、居住先など個人を特定できる様にします。
あくまでも徒歩尾行の素行調査の簡単な一例ですが要所要所の写真や映像を撮影し分単位の報告書にして依頼人に提供、ご報告致します。
尚、尾行、張り込みに関しては上記の様な簡単な一例においても1人では厳しい状況と言うのがお分かりかと思います。探偵1人ではどうしても限界があり、最低2人からのチームを組みます。

1人で素行調査を受ける探偵事務所があればそこは決してプロとは言えず、むしろ悪質な探偵事務所と思っても決して過言ありません。

侍の独り言・2014年

今月後半は探偵事務所にとって浮気調査の依頼が一番多いクリスマスシーズンもあってか、なんだかんだと忙しい一ヶ月でした。そして今日を入れ、2014年もあと3日となってしまいました。

皆さんにとって2014年はどのような年でしたか?

当探偵事務所もおかげさまで浮気調査などの素行調査を筆頭に様々な調査を携わり、さまざまな悩みを抱えた多くのクライアント様のお力添えができた事、嬉しく思っております。提供させて頂きました調査報告書はクライアント様にとっての期待にどの程度応えられましたでしょうか?有効にご活用されたものと理解しております。

配偶者の浮気調査をご依頼して頂いたクライアント様はなかなか探偵事務所の顧客に成り得ないかと思います。そうですよね。一生に何度も浮気調査を依頼する人はいらっしゃらないかと思います。一度あるかないかですよね。顧客に成り得ないのは理解しております。ただ別件でもお役に立てる事はいろいろあるかと思いますので記憶の片隅にでも当探偵事務所を残して頂ければ幸いです。そしてもし、クライアント様の知人やご友人などで貴方様と同じような悩み事を抱えていらっしゃる方がおられれば、当探偵事務所をご紹介頂ければ幸いです。信頼度や守秘義務の徹底についてはクライアント様には実証済みですよね。

尾行、張り込みなどのアナログ的な手法でも日常的の研修はどの調査員も怠ってはおりませんし最新探偵機材の導入からその取り扱いに至るまで様々な努力しておりますからご紹介して頂いた方にもクライアント様同様に全力で調査に望みます。

2014年、相談のみで終わってしまったご相談者様を含め、ご依頼して頂いた各クライアント様、それぞれお世話になりました。クライアント様の中には調査結果によって背信行為や裏切りと悲しい思いをなさった方もおられるかと思いますがこの辛い苦難を乗り越えられ、来年こそは良いお年になるように祈っております。

来年も調査員一同、努力、研鑽は続けていきます。新たなクライアント様になられる人の悩みを解決する為の努力は惜しみませんので宜しくお願い致します。

なにとぞ、良いお年をお迎え下さい。

尚、当探偵事務所では大晦日もお正月期間も素行調査を筆頭に各種調査は承っておりますのでご遠慮なく、お電話頂ければ応対させて頂きます。

 

 

侍の独り言・新宿の素行調査

探偵侍にとって銀座の次に余り印象の良くない場所が新宿歌舞伎町とその周辺地域である。

ただ新宿は昼夜を問わず日常、調査でよく赴く街のひとつでもあり、決して嫌いな街ではない。確かに尾行などの素行調査をする際に小田急、京王、伊勢丹、三越、高島屋などの百貨店や各種ファッションビルなどの商業施設内での尾行の難しさは対象者がエレベーターを利用する際などの点が上げられるが新宿の雑踏は昼夜を問わず、好きな街でもある。映画やドラマ、小説などの影響も過分にあると思うが新宿の街は都会の探偵の似合う街と言ってもけっして過言ではないだろう。

西口の高層ビル郡を中心に大都会を形成している新宿。

そんな新宿の中にあって北側というか新大久保に向かう日本最大の歓楽街と言われる歌舞伎町。

女性が接客するキャクラ、クラブ、バー、スナックから男性が接客するホストクラブなどの風俗店、各国のレストランや居酒屋を含む飲食店、映画館から遊戯店などのレジャー施設、大小の雑貨店から性風俗店、ビジネスホテルやラブホテルも乱立している眠らない街、歌舞伎町。

配偶者の浮気調査を含む一般的な素行調査から家出調査などで探偵侍もよく訪れている街である。

それなのになにが印象が良くないかって?

それは張り込みにおいての弊害である。

歌舞伎町やその周辺地域には昔から様々な暴力団組織の枝葉の事務所が数多く存在している。ひどいところだと1棟のビルやマンションに別組織の事務所がいくつか入っているというケースもある。

そんな事務所のあるビルやマンションやその近くに対象者が出入りするとどうしても近くで張り込みをするしかないのであるが張り込み始めて短時間で暴力団関係者がやけに警戒を始める。

張り込みにおいては通常でも周辺には気を遣うのだがそれ以上に気を遣わなければならず、中には声を掛けてくる人もいる。最初は警察関係かと疑心暗鬼に満ちて静かに聞いてくるのであるが一般人と判ると手の平を返したかのように横柄となり、「邪魔だ」「目障りだ」と言ってくる。探偵とは言えない弱みもあり、対応するが聞く耳を持ってはいないので、張り込み場所を移動するのであるが見づらい場所になってしまうことも多々ある。

本当に厄介である。

また最近では得体の知れない外国人もおり、一見したところ、不良外国人と判る人種も多く、下手にトラブルも起こしたくない。

都会の歓楽街と言われる場所お置いては付き物のことであるが信じゆくほど張り込みに気を遣い厄介な場所は少ない。

よくドラマや映画の世界では探偵は暴力団と親しい関係がよく描かれているがけっしてそんな事はない。

侍の独り言・銀座の素行調査

探偵にとって鬼門の場所がいくつかあるはずである。

東京で探偵をしている侍も過去、何度も煮え湯を飲まされた場所がある。

東京の銀座である。

特に夜の銀座の高級クラブが立ち並ぶ地域には閉口してしまう。対象者が銀座の夜の街に赴くと素行調査において弊害がいろいろとある。

尾行してきた対象者が銀座のソシアルビル(クラブやバーなどが入っているビル)の3階にある高級クラブに入ったとする。

まず警戒しなくてならないのが黒服やポーターと言われる各店舗の男性店員である。馴染み客であると1階にいるそのような男性店員より案内される場合がある。一緒にエレベーターに乗り込むことが難しくなる。仮に対象者が入店したお店を特定したとしても店内に入る事はまずできない。普通の居酒屋やスナックであれば少し遅れて店内に潜入しどのような人物と接触しているのか、確認する事はできるのだが銀座の高級クラブでは一見お断りが多く、潜入などはなかなかできるものではない。

その後はそのビルでの張り込みである。黒服やポーターがうろうろしているビルの近くで張り込まなければならないのである。

これがかなり困難でもある。対象者はものの30分くらいで出てくる時や3時間、4時間と在店している場合もある。一時も目が離せないのである。しかも、黒服やポーター達に警戒されないようにしなければならない。

上手く張り込みができたとして対象者が出てきても黒服やポーターに警戒しながら状況を把握して尾行をするのだがその際にも黒服達に対象者を追跡していると悟られないよしなければならない。女の子を通してあとあと尾行の事実が対象者に告げられでもしたら失敗したも同然である。

更に対象者が駅に向かい電車を利用してくれれば良いのだがそんなに都合良く電車を利用してくれるとは限らない。むしろ高級クラブに行けるだけの対象者だと殆どがタクシーである。1日で調査が終わるとは限らないからである。

銀座は夜間、一方通行などの規制がかかる。またタクシーを拾える場所も様々である。

タクシー乗り場にしてもその後に向かう目的地の方向によって場所は異なってくるし、お店でタクシーやハイヤーを呼んで待機してもらっている場合もある。

タクシー乗り場に行ったらすぐに後に並ばなければならないし空車が続いてあるとは限らない。また探偵車両も用意してあってもその場所までに回すのに時間が掛かってしまう場合もある。何しろ一方通行などの道路規制によって場所によっては遠回りをしなければならないのである。

また待機させているタクシーやハイヤーに乗られた場合も同様である。そのような場所で空車を拾うのは困難だからである。

日頃から銀座の夜の状況を理解し把握していないと東京で探偵はできないのである。ただ限られた調査員数でこのような状況を打破して尾行を成功させるには厳しいものがある。

たまに夜の銀座の街中を中型や大型バイクを押している人間がいる。周囲に目立っているが侍と同じ探偵かも知れない。なぜ大型バイクかって。小回りのきく小型のバイクの方が楽でしょうって。小型バイクだと対象者が乗り込んだタクシーが高速道路に入ったらそれまでなのである。

まだまだ一部しか書けなかったが本当に夜の銀座は探偵泣かせの街なのである。

 

侍の独り言・GPS発信器

今日もある奥様からの依頼でご主人の素行調査。

ご主人は殆ど車で外出する。

そこで登場したのがGPS発信器。

奥様の許可を得て前日には車に発信器を装着しておく。

案の定、対象者であるご主人が来るまで外出する。しかし、奥様の情報通り、道をよく知っているのか裏道ばかりを走行する。そればかりか奥様が依頼される前に探偵を使って調べると売り言葉に買い言葉で言ってしまってからの依頼で多少、警戒をしている。

そんな状況で裏道をずっと尾行していくのは困難である。

少し距離を置いてしまったら信号に掛かってしまい、相手を見失ってしまった。

GPS発信器で検索するとそんなに離れてはいない。

進行方面を検索しながら追尾する。

すると30分ほど走ったあるコンビ二の駐車場に停まっている。ご主人は店内にいる。

しばらくして出てきて車に乗り、走り出る。そこからは目視で追尾。

このあたりは余り裏道を知らないのだろう。大通りを走り続けくれている。

まして自宅から出た後にピッタリと追跡してくる車はなかったのだから安心もしているのだろう。

それでも注意深く、つかず離れずで尾行を続ける。

東京のベットタウンとされる地方都市のマンション前に止まる。そのマンションから女性が出てきてご主人の車に乗り込んだ。

今日はラブホテルには行かなかったものの食事したり、休憩したりとドライブデートを楽しんだ2人はご主人に送られて女性はマンションまで送り届けられて自宅に戻ったのである。

まだ浮気相手と特定はできていないがデートを楽しんだ空いた女性のマンションの部屋までを特定する事はできたのが収穫ではあった。

長時間の車の尾行で2度ほどGPS発信器のお世話になり、探したが大きく見逃すことはなく、順調に今日の調査を終えることができた。

GPS、様々である。