侍の独り言・浮気の継続性を問う

ここ最近、浮気に関する離婚訴訟では「浮気の継続性」と問う事が多くなってきている。

浮気の継続性とは一度の浮気だけでは離婚理由には弱いとみる風潮である。確かに民事裁判でもその様な判例が多くなってきているのである。浮気に悩んだ依頼者が浮気調査を探偵に依頼してラブホテルでの浮気現場を押さえ、その写真を添付した報告書を証拠として提出しても1度の浮気は許してあげなさいと諭されるのである。

依頼者にしてはたまったものでは無い。しかし、司法の世界では一度くらいの過ちは夫婦関係の破綻になるほどの理由では無いとの見方になってきているのである。そこで浮気の継続性である。同じ相手と2度の浮気現場を押さえると継続性があると判断され、完全な夫婦破綻の理由に挙げられるのである。

この件については当社の相談員に聞くより一度でも弁護士に直接聞いて貰いたい。正直、直接営業に関する問題だからである。誠意を持ってこの継続性を問題を説明しても調査を長引かせている様に勘違いされてしまう。

一度の浮気現場の証拠で相手が認め、話し合いで終われば協議離婚や慰謝料の問題もクリアできるがもしも相手が納得しないで訴訟にでもなると継続性のことが問われてしまうので充分に考慮が必要なのかもしれない。