旦那の帰宅時間と浮気

浮気を疑う世の奥様は「旦那の帰宅時間」や「所持金」に着目する傾向にある。サラリーマンの旦那様ならば当然の注視点であり「浮気の傾向」を理解する上で必要な情報源となってくれる。

付け加えて「クレジットカードの利用明細」を保存し「過去の帰宅時間と照会」する手法なども傾向と対策という意味合いでは「浮気発覚に有効」な手法である。

このような手法で「旦那の浮気」に関して詳細を知った奥様方が探偵に「浮気調査」を依頼し実施した場合には「スピード解決で浮気の証拠」を得られるケースが多い。

何故スピード解決が期待できるか?

探偵が行う浮気調査で一番に時間を要する要因に「浮気相手と行動を共にする頻度」が問題となっている。この浮気の頻度が上記の奥様が得た情報により「頻度の特定」が可能になり曜日を選定した「ロス無い浮気調査」が現実に行えるのである。

妻の浮気調査の増加

東京で探偵をしていると妻の浮気に関する素行調査が増加しているのに気付く。

今年に入ってからも7割が妻の浮気に関する素行調査である。

それも世間で言われる普通の奥様、いや、むしろ子供の面倒もよく見て、家事をこなし、浮気相手と接点のない時の生活状況は良妻賢母にしか見えてこない。

十数年くらい前より妻の浮気は増加傾向にはあった。ただ、共働き夫婦に多かったのであるが専業主婦でも増えてきている。

確かに女性が言うように浮気する妻にしてしまった原因は夫にもあるのかもしれないがしかし、多い。不平不満のはけ口を浮気で晴らしているのかもしれない。これも肉食系女子が増えてきている現象のかもしれないが。

20年後には想像も出来ないくらいに恐ろしい状況になっているかと思ってしまう。

 

浮気調査する根拠

浮気の証拠もなく、浮気と疑い、配偶者に対して誹謗、中傷、過度の連絡要求や行動状況の説明要求などいわゆるやきもちが過ぎると婚姻継続に支障をきたしていると判断され離婚原因となる場合があります。

貴方が全く浮気をしていないのに浮気を疑われ、残業や接待中にも頻繁に連絡が来たり、それに出ないと態度が豹変、友人との交遊やちょっとした外出にも制限を付けられたりとした場合、どこまで耐えられるかと言うことです。仕事にも支障をきたし、友人関係にもひびが入ってしまいます。耐えられなければ離婚を考えるでしょう。

ところが明らかに浮気をしている。しかし、証拠が無い。証拠も無く、上記な様な行動を取ってしまうと逆に離婚原因と成り、慰謝料を取られる羽目になる。藪蛇である。

ここはしっかりと浮気の証拠を掴み、夫婦で話し合い、更に調停や裁判へと進めるのです。証拠が無ければ何も先へは進めません。そのための浮気調査であり、素行調査なのです。

浮気に関する素行調査なら当探偵事務所にお任せ下さい。

浮気をしていれば必ず証拠を掴みます。

 

 

バレンタインデーは浮気調査の狙い時

2月3日、今日は節分ですが浮気における素行調査では大きなイベントとされるバレンタインデーがあと11日と迫ってきました。

この前後においてクリスマス同様に浮気における素行調査では結果が判明しやすい時です。

少しでも浮気における不安のある方は素行調査を考えてみるのは賢明かもしれません。

意外にも結果が早く判明しますので料金的にもご負担が軽くすみます。

何しろバレンタインデーの前後は浮気調査が多く、予約も殺到しますので早めの予約をお願いしています。

浮気調査はバレンタインデー前後が狙い時です。

浮気調査について

浮気をされてしまうと、結婚生活はもちろんのこと通常の付き合っている状態でも、関係を維持することは難しくなってしまいます。浮気をされてしまうと子どもがいたとしても、離婚を考える必要があります。

浮気をしているかどうかの基準は、帰りが遅くなったり、出掛けることが多くなったり、化粧が濃くなったりですが、確証を得るまで中々難しい問題になります。自分で浮気の調査をすることは難しいために、浮気の調査をするためには探偵に依頼する必要があります。探偵に依頼することによって、浮気をしているかの確証を得ることが出来ます。浮気調査をする際には、まずは相談するところから始まります。いつ調査をするようにするかが重要ですので、依頼する時はパートナーが怪しい行動をしている時に調査してもらうのが望ましいです。調査をする期日が決まりますと、探偵はまず現地の下見をします。どのようなルートで移動するのかを予想しながら、現地を下見します。実際の調査の期日になりますと、徒歩で尾行するか車で尾行するかになります。実際に浮気現場に遭遇すると、相手の特徴や顔を証拠に残すために写真を撮ります。その後に依頼者に証拠となる報告書を提出して、浮気調査は完了となります。