影日向

探偵は因果な商売である。決して表舞台に立ち日の目を見ることはない職業である。自己顕示欲が少しでもある方は「探偵の資質はゼロ」と断言できるだろう。

依頼人にもたらす調査結果を念頭において日々「地味にコツコツ」調査を実施しなければならない。当然、人前に出る事などなく「難解な事件を解決」など無い。

一般の方は探偵という職業を勘違いしている場合が多く、面識のある人物に探偵が存在し「刑事と事件を解決した!」などの発言があった場合は嘘・ハッタリと断言できる。

ほかにも「危険な職業でしょう?」と問われる場面があるが「調査で危険な場面は皆無」である。唯一、女性探偵が深夜や早朝の調査現場に立つシュチュエーションは個人的に危険と感じるくらいである。

本来、影日向の「影」にしか存在することができない探偵である。

口上な探偵は多数存在するらしいので注意して依頼先を選択していただき「悩みや問題解決」を行っていただきたい。

探偵だからこそできること

探偵と聞くと、重たいイメージを持っている人が多いと思います。ですが、実際にはそんなことはありません。

探偵は、依頼人を助けるために、日々努力をしているのです。

探偵の仕事は、日常的なトラブルが割と多いです。良く知られているのが浮気調査がそれです。そのほかにはストーカー対策なんかもやっています。浮気調査はここ最近では多い依頼です。夫婦間で相手が浮気をしているのかどうか心配になって寝れない人も沢山います。それに、信じたいのですが、行動が怪しいとか。そんなときにどうしても相手のことを調べたかったら探偵にお任せください。迅速に対応します。

ストーカー対策も、最近では多くの事件が起きています。だいたい、ストーカーをされると本人は何か怪しいとか思うことが多いです。そんなときにも放って置こうとはせずに、探偵に相談すればよりよいアドバイスをします。大きな事件になる前に、未然から防ぐことが出来るかもしれません。それには依頼人が勇気を持って話をしなければなりません。

他にも沢山の仕事がありますが、どれもしっかりと仕事をします。依頼人が一番気になるところは料金です。確かにうわさされている探偵依頼料金は高額なものもあります。調査に時間がかかるものが多いので、それは仕方がないと思います。ですが、今では成功報酬型と言うものがあります。これは読んで字のごとく、依頼されたことを成功しなければ報酬はいらないってことです。所在調査やデータ関連の調査で用いられます。

ただ、成功報酬型は、取り入れているところとそうでないところがあるので、事前に調べるか、相談したときに詳しく料金体勢を聞くのが望ましいです。

探偵という仕事に就くために必要なこととは

探偵と聞くとどうしてもドラマだったり映画のようなとても派手に大活躍をするイメージを持っている方も多いみたいですが、実際に仕事をしている探偵にとってはもとても地味で地に足の着いた仕事をしています。

仕事内容も浮気調査といった尾行や追跡といったものがメインになっていることが多く、その調査のための準備にかなり時間を割いたりする地味な作業も少なくないのが現状です。ですが探偵業をやってみたいと志願される方は結構多いようで、探偵になるための学校なもあるんです。もちろん探偵になるための資格みたいなものは無いんですが、ノウハウだったり心構えなどを学ぶという意味でも探偵養成学校に通うという選択は考えの一つとして否定はしません。しっかりとした探偵に成長していくためには必要なことなのかもしれません。また探偵業をやっていく時には色々な法律の知識を身に着けていないといけませんので、学校できちんと法律を勉強しておくということも正義の探偵業をやっていく上では欠かせないことなのではないかとも思います。

しかし、探偵はなんといっても経験です。尾行や聞き込みなど探偵一人一人によってもいろいろと違います。自分にあった探偵技術を身につけなければ何もなりません。

やはりいろいろな諸先輩について教わり、そして後輩にも教えながら自分を高めるしかないのです。