ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。
 > 
素行調査を実施しリスクを回避する

素行調査を実施しリスクを回避する

素行調査を実施する意図

素行調査を実施する案件には共通する意図が存在します。
どのような意図か?簡単に申し上げれば「事実確認が必要」な状況にあるご依頼案件であると言えるのです。

どのような人物であっても表面上、大なり小なり裏表や善悪の違いをもって日常生活を送っています。
そして、利害関係に関わる人物の前で「善悪や裏表のギャップが大きく存在する人物」ほど事実確認が必要となり、素行調査の需要に繋がる流れにあると考えられるのです。
会社を経営する人物が「優秀な部下を信頼できない理由」を口にする。経営者の皆さんが揃ってお持ちになっている悩みが「優秀な部下ほど裏表のギャップが大きく心配」との感情なのである。 優秀な部下は会社にとって大きな利益をもたらす存在であることに間違いはありません。

同時に「同業者からヘッドハンティング」されたり「独立起業」し、多くの利益をそのまま持ち去る可能性も否定できないのです。
探偵や興信所の業務で多くの相談を承る素行調査において、「会社内部の人物構成や派閥の調査」や「部下の接 点を確認する素行調査」は最もポピュラーであり、利益を守るリスク管理上に必要な調査であると言えるのです。

素行調査を活用する理由

素行調査を活用し「幸せな日常」を守る。確かに「自身に与えられた権利を守る」為の調査であっても、探偵や興信所を利用することに抵抗を感じる相談者は少なくありません。あなたが望む平穏な日常を壊す原因が何か? 理由や事実を知るために決して安くない調査費用を費やすのですから「調査を実施することに抵抗を感じる」感情を持つ相談者が多く存在することは当然と言えるでしょう。 願わくば危惧する悩みや心配事が事実ではない状況であって欲しいと思い願うことでしょう。

どのような現実や事実が存在しているか?あれこれ想像してみても状況に変化は期待できません。事実を知って ご自身にどのような選択が必要か?認識することによって「後悔の無い選択がチョイスできる」と探偵は考え、 ご相談者に素行調査をご提案するのです。

最悪の状況を想定して調査を提案する行為には理由があります。

皆さん賛同できないと思われるでしょうが「ご 自身に都合のよい想定を基に調査を実施」し調査結果がご依頼者の想定外だった場合には精神的なショックが待 ち受けているものです。ですから探偵の多くはご依頼者の精神的ダメージのクッションが必要と考え、依頼人に 対して「最悪のケースを想定した提案」を相談者や依頼者に伝え、素行調査に着手し「どのような調査結果」が 依頼者に待っていようとも耐えられるようにとの「探偵の配慮」が込められていると言えるのです。

依頼人にとって最高な現実は多くの場合待ち受けていないと言えます。ですから「皆さん素行調査を実施する」 選択を選ぶとも言い換えることが出来るのです。