ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。

プロの尾行調査と素人の尾行の大きな違い

浮気の疑いがある人物を自身の力によって尾行する行為はリスキーで法律に触れる危険性を秘めている。

探偵が実施する尾行調査が簡単に出来る行為ならば「多くの探偵はとっくに廃業」していることでしょう。

やはり、自身の尾行は失敗ばかりで「浮気の証拠」や「不倫の証拠」をスムーズに取得するには程遠い状況となる。

ここでプロの探偵が実施する尾行と一般の方の尾行の大きな違い説明するならば「調査対象人物との距離感」に大きな差があると言える。

仮に第三者が周囲に数多く存在し調査対象を見失いかねない状況下で距離をとってしまえば「ベテランの探偵であっても対象を見失う」のです。

探偵であれば誰でも当たり前に知る「探偵の基本中の基本」とも言える初歩にしっかり学ぶべき感覚の一つと言えるのです。

この感覚が無い人物が尾行を行えば「高確率で尾行は失敗」してしまいます。

経験から判断できる「調査対象との距離を的確に把握」することが重要なポイントと言えるのです。

探偵に憧れて探偵の仕事に就く人物が食っていけるか?もこの感覚が大きく関わっていると言えるのです。

この感覚が鈍い人物は尾行の失敗が多発し「探偵失格」の烙印を押されてしまうからです。

近すぎず遠すぎずを繰り返しシチュエーションに適した距離を保ち尾行を継続するテクニックが最もベーシックで尾行調査に必要とされるのです。

尾行調査で信頼関係を確かめる

尾行調査を実施してご依頼者に必要な情報を得る。

ライバルの弱みや不正といった場面や「表では見せない裏の一面」等も誰にも知られる事無く取得できることは「尾行調査の大きなメリット」と言えるでしょう。

ご自身が長い間信頼してきた人物たちが「本当に信頼できる人物か?」尾行調査するには適した調査と言えるでしょう。

多くの優秀な人材を根こそぎもっていかれる状況等は「尾行調査して信頼関係を明確」にしていれば後悔しないで済んだと考えられるのです。

探偵を長年経験していると「部下に裏切られる経営者」を多く目にします。

野心を持った人物はどこの会社にも存在しているものです。

そのような野心家が部下の中に存在していると裏切られ独立され損害が発生することが時として見受けられます。

得意先である顧客ごと根こそぎ野心家である部下とその手下達にもっていかれてしまうのです。

恩を仇で返す状況とはこの事であり、今まで育ててきたことに後ろ足で砂をかけるような行為でもあります。

このような状況は誰にでも訪れる可能性があります。

個人経営の店舗であってもやぶさかではないのです。

長い間店の看板にしてきたメニューをレシピごと持ち去るような行為や「秘伝のタレ」等の配合を持ち出す行為も同様と考えられるのです。

信頼関係が崩れる前に尾行調査により信頼している人物の裏の行動を知る必要性は高いと言えるのです。

信頼関係を守る尾行調査

人の世の中は信頼関係で成り立っています。この信頼が無くなってしまう状況は「トラブルを抱えた状況」と言い換える事ができます。

信頼していたパートナーに浮気されていたことが発覚したり、信頼していた古くから友人に恋人を奪われしまったなどは耳にする機会が少なくない状況と言えるでしょう。

信頼していた取引先に裏切られ多額の損失を抱えるなども不景気から起こる状況としては珍しくありません。

それではどのような手段がこのような状況を解決できるか?探偵目線で提案させていただける解決手法は「信頼が本当か確かめる調査を実施」することなのです。

時としてお金は人を変えてしまいます。「何十年と交遊があり仲良しな人物を変えてしまう力」が存在しているのです。

裏切って去ってゆく仲良しな人物は本当に申し訳ない心情で去ってゆく場合もあるでしょう。

お金が原因で壊れる信頼関係は本当に多く人柄と違う行動をさせてしまうものなのです。

少しでもこのような悲しい状況にならない為にも事前に「信頼関係を確かめる調査」を実施するべきでしょう。

尾行調査により表面以外の行動を把握したり、立ち回り先から取引や付き合いを判断することも可能となることでしょう。

尾行調査で表面化しない部分は内偵調査により詳しい調査を展開することができるので、長く続く信頼関係が壊れない事前調査が可能なのです。