ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。
 > 
素行調査の難易度

素行調査の難易度

御相談者様の中に稀ですが、「簡単な尾行ですから調査員は一人で充分です」と尾行をとても安易に思われて話される方がおられますが、決して簡単なことではありません。

仮に対象者が決められた時間に特定の場所(出入口)を出て、どこにも寄らず、徒歩でまっすぐ異性と合流し二人でどこにも寄らず、撮影が比較的容易である出入口が一カ所しかないラブホテルに入り、2時間きっちりにホテルを出てくれれば、結果的に難易度が高いわけではなく調査員1名でも十分だったかもしれませんが、あくまで結果論であって、基本的に素行調査でこの様なイージーな状況は起こらないのです。

まず最初に対象者を特定するにも、対象者が出てくる出入口が1カ所とは限りません。ビルやマンションも玄関口以外にも通用口や裏口があるのが一般的です。

場所によっては1階だけでなく地下や2階にも出入口がある場所もあります。ましていつ出てくるか、5分後なのが、30分後なのか、2時間後なのか全くわからないこともよくあることです。

そのような状況で複数の出入り口を一人でおさえるなどとは、常識的に考えても無理があるのです。

対象者を特定でき、尾行を始めたとします。

対象者は異性と合流する前に、プレゼントを買ったり、時間つぶしの為に店舗や百貨店などに立ち寄る事も多いです。

そういった店舗の場合でも出入口が一カ所とは限らず、百貨店などではエレベーターに一緒に乗らなければならなかったりします。

異性との待ち合わせ場所も人によって様々です。

飲食店から著名な施設の周辺、現在は携帯電話の普及で連絡を取りながら予期せぬ場所での合流も増えてきました。

時には相手が車で来ており、対象者を乗せるというパターンもあります。

尾行経験の豊富な調査員は、対象者の様子から察知してタクシーを手配したりしますが1人では対処できる確率がかなり低くなります。

つまり1人が対象者の様子や車のナンバーを見ておき、その間にもう1人が素早くタクシーを拾うということができないからです。

合流した2人がラブホテルに入ったとします。出てくるところの撮影が一番肝心です。もちろん入るところも重要で、ホテルへの出入りのセットが重要な証拠になります。

しかし、ラブホテルの殆どは出入口が一カ所ではないので、1名で出てくるところをおさえるとなると確率がかなり下がってしまいます。

とても簡単に説明致しましたが、ある程度はご理解頂けたのではないかと思います。

ベテランの調査員でも決してスーパーマンではありませんし、御依頼者様が簡単と思われても様々な状況に対応するには、最低でも2名の調査員が必要となります。

仮に御依頼者様が調査以前に相手に浮気を問い詰めたりしていますと、それによって警戒心が増してしまいます。

結果的に調査の難易度が高くなり、調査員を増員しなければ対応できない困難なケースもあります。