ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。
 > 
依頼する探偵選び

素行調査を依頼する探偵選び

素行調査が必要な悩みやトラブルを抱えてしまい、探偵や興信所に素行調査を依頼するために「探偵・興信所を選ぶ」作業が必要となります。

できることならば「尾行や素行調査が得意な探偵や興信所に依頼したい」との考えが働くことでしょう。しかし、探偵や興信所などを過去に利用した経緯が無く、「どのような探偵や興信所が 素行調査を依頼する相手として良いのか?」がわからない・・・・

このようなご相談者は数多く存在します。そして、安易に検索エンジンを利用し検索エンジンの検索結果に上位表示される「膨大な広告費で集客し、高額な調査費用を請求する悪徳探偵」に依頼してしまう方が存在します。

このように高額の広告費を費やし集客する探偵の殆どは「高額な調査費用を請求する探偵」であり「消費者センターへの苦情の多い探偵」として探偵業界内では「極めて悪評の高い探偵として知名度が高い存在」となっているのです。

まず、注意しなければならないことは「調査を実施する前に調査費用を前払い制と称し請求」する探偵や「調査中ですので詳細は報告書で」等の言葉で経過報告無く「やらずぼったくりする探偵」などが要注意な探偵や興信所の手口と言えるのです。

以上の悪徳探偵業者を除外し「ご相談に適した距離に事業所を構える探偵であるか?探偵のホームページを精査」し素行調査の料金体系を確認するのです。

そして、概算見積もりを電話やメールでご相談されてご予算にあったならば初めて「探偵と面談し納得した調査手法であるならば契約」の手順が望ましいと言えるのです。

素行調査を得意とする探偵業者の共通点は「ある程度の社歴がある探偵であり、調査結果を出すための事前準備や下調べを怠らない探偵や興信所が「優秀な素行調査を実施できる探偵の条件」と言えるでしょう。

もし、契約した探偵や興信所が「調査実施日にぶっつけ本番調査」(事前調査や下調べを抜きにした調査)を実施しようとする探偵業者ならば「調査を即刻キャンセルし、他の探偵をもう一度探し選ぶ」ことが賢明と言えるのです。

素行調査を実施する際に必要となる調査力

優秀な探偵は多くの調査項目を調査する「調査力を保持」しているものです。信用調査は得意だが、尾行は不得意では探偵として依頼人の求める調査クオリティーに到達することは残念ながら出来ないでしょう。

トータルバランスに優れた調査を実施できる探偵に依頼しなければ「安心した素行調査を実施」することは正直なところ望めないと言えるのです。

ネット上に存在する多くの探偵や興信所に関わるウェブサイトは「探偵は調査力」が重要と記載しています。確かに調査報告に必要な情報を得るためには「探偵に調査力は必要」と判断できます。

サイトをご覧の皆さんは探偵が使用する特殊な撮影機材や通信機器等が優れているので「探偵は優れた調査力を保持」とお考えになりがちなのですが、実際に調査現場で多くの情報を得る探偵が多くの機材を使用しているとは限らない現実にあるのです。

優秀な探偵が必ずもっている重要なポイントは「依頼者に対して・調査案件に対しての責任感」であると考えられます。
この責任感を持ち合わせない探偵に良い機材を使用させても「豚に真珠」となってしまうものなのです。

探偵も一つの職業ですから「腕の良い大工さん」や「毎日新鮮な魚を仕入れる魚屋さん」と同様に業務に対する個人個人の責任感が重要な職業と言えるのです。 調査に対してより良い機材を使用することと同等に必要なメンタルが存在すると言えるのです。