ビジネスは信用の上に成り立っている
真実を見極める眼が必要だ
素行調査は私たちプロにお任せ下さい。

ビジネスに必要な素行調査

素行調査は「特定の人物の行動を確認する事を目的」に実施するかたちが一般的な調査項目と言えます。
多くの方の認識では「社員の不正行為を監視」したり「社内派閥を明確にする」為に素行調査を実施する事が一般的と言えるでしょう。
しかし、現代社会の経営者と呼ばれる人物の感覚ではこの認識には当てはまらないと言えるのです。
特に最優先に欲している情報がかなり限定される場合は特定の人物だけに留まらず「情報に関係している人物全てを調査対象」とする素行調査が一般的になりつつある現状がその証拠と言えるでしょう。

このような素行調査は企業の利益に大きく関わる調査であると同時に大きな損失を防ぐために実施する素行調査である場合が多いのです。
一言で「ビジネスシーンに必要な重要ポイントや情報に関わる調査」が素行調査である場合が多く、素行調査を抜きにした旬な情報を有するビジネス展開が存在しないことにお気づきいただける事でしょう。

ビジネスの要に存在する人物達が「何処でどのような繋がりを展開しているのか?」を認知していないビジネスマンにはチャンスなど巡って来ないことが現代社会の常識であると言えるでしょう。 この現状からもご理解いただけることなのですが「多くのチャンスはやってくる」という感覚のものではなく「ご自分から引き寄せる類」のモノであるのです。

当然、旬な情報やビジネスの要に身を置くために必要な状況を理解するには「より多くの利益に繋がる情報を得る素行調査」が有意義な情報源となり「御依頼者のビジネス展開や人生設計に大きく関わる」と断言できる事でしょう。
得られた情報以上に有意義な人脈やビジネス展開を実現させるためには必要な経費であり業務と言えるのです。

このような素行調査は安価では行えません。
現実に情報を欲して素行調査を実施すれば一日数万円から数十万円の調査費用が実費として必要となります。
調査を実施する探偵や調査員が昼夜無く情報収集し可能な調査力を全て注ぎ込む事によって得られる「貴重な情報」と言えるのです。
有意義な情報にはそれなりの労力が当然ながら必要となるのです。数百万円の素行調査で得られたビジネスチャンスが数千万円から数億円のビジネスとなる現実が現代の経営者が必要としている感覚といえるでしょう。

多くのビジネスチャンスやビジネスの損失を防ぐためには「素行調査による有意義な情報収集行為」は必要な業務であり、必要経費として認められる予算であると言えるでしょう。
若い経営者やこれからの経営者には体験すべき経験として「素行調査をベースにしたビジネス展開」を提案していきたいと調査業界は考えているのです。