探偵侍 のすべての投稿

探偵侍の独り言・素行調査とは?

現代では余り耳にする事もなくなり探偵用語にも聞こえる「素行調査」という言葉。多分、昭和50年以前の生まれの方でしたら、殆どの人が耳にした事はあるかと思います。
「素行調査」とは書いてある通りに素行を調べるという事で、通常、尾行、張り込みにより対象者の動静を調査する事で、尾行調査、追跡調査、行動調査、動静調査などとも言われ、特に夫婦間での浮気を調べる素行調査では浮気調査、不倫調査などと別格的な呼称もあります。
尾行、張り込みによる素行調査の場合、まず依頼人から自宅や勤務先など調査開始場所を指定して頂き、指定開始時間から対象者が出てくるのをひたすら張り込んで待機します。ここでまず問題なのが本人確認についてです。もちろん事前に依頼人から対象者の写真などを預かりますが写真がかなり古かったり、現在の印象と大分異なっていますと特定が困難となっていきます。特に対象者が女性ですと髪型、化粧で印象がガラッと変わってしまい、冬場などではマスクでもされると最悪です。なるべく新しい写真をご用意していただけることや事前に顔確認をさせて頂ける事を望みます。
張り込みの際にも周囲には充分に注意していないと近隣住人や勤務先同僚などに怪しまれても調査そのものに支障を来す場合もあります。怪しまれていて対象者を尾行する所でも見られたら今後の調査もできなくなってしまいます。
開始場所より対象者が出てきたら尾行を始めていきます。
探偵にとって対象者との距離間は携わる探偵によっても多少の違いはありますが近すぎると対象者に察知されてしまう危険もあり、距離を取りすぎると見逃してしまいます。又、状況によりその距離間は自ずと異なってきます。これは経験を積み重ねる以外、教わってできるものではありません。
尾行していき、対象者が飲食店に入ったとします。調査内容によりその店内に潜入する場合もありますが浮気調査の場合にはまず入る事はなく、お店の外で張り込みます。これは飲食店内において不貞行為が行われる事は無いからで敢えて退店後も尾行を続けていく探偵の顔をさらす必要が無いからです。

退店後も尾行を続けていきます。対象者が大型商業施設や遊戯施設などに入った場合は一緒に入っていくしかありませんが小規模店舗であればやはり裏口を確認し出入口で張り込みを続けます。

対象者が人と合流した場合、合流した人物の顔写真を撮影、基本的には別れてもその対象者を尾行しますが浮気調査の場合、浮気相手と判断されたなら対象者と別れた後はその浮気相手に調査対象を切り替えて尾行、居住先など個人を特定できる様にします。
あくまでも徒歩尾行の素行調査の簡単な一例ですが要所要所の写真や映像を撮影し分単位の報告書にして依頼人に提供、ご報告致します。
尚、尾行、張り込みに関しては上記の様な簡単な一例においても1人では厳しい状況と言うのがお分かりかと思います。探偵1人ではどうしても限界があり、最低2人からのチームを組みます。

1人で素行調査を受ける探偵事務所があればそこは決してプロとは言えず、むしろ悪質な探偵事務所と思っても決して過言ありません。